2018年6月2日土曜日

スズメバチ対策に

<スズメバチ対策に>

宝水ワイナリーの畑の周りは林で囲まれているため、鳥や虫がたくさん住処としています。
そういった中で、ブドウだけでなく人にも害となる虫として「スズメバチ」がいます。
今年もすでにワイナリー周辺を飛んでいるのを見かけました。

慌ててスズメバチ捕獲トラップを購入し、先ほど設置しました。
ネットに載っている自作トラップも試しましたが、市販品の効果があまりにも絶大だったので市販品を使います。

誘引液を作っている最中に、すぐに小さな虫が飛び込んでくるほど効果があります。
設置場所にもよりますが、去年は誘引液の液面以上の高さまでスズメバチを捕獲するものもありました。
今年もたくさん捕獲してくれることを期待します。


2018年5月9日水曜日

植栽しました!

<植栽しました!>

2018年の植栽を5/8(火)に行いました。
今年はシャルドネとケルナーを合わせて1000本足らずといったところ。
ケルナーの植栽は2006年以来と12年ぶりです。

シャルドネはワイナリーに向かう道路の左手側に、ケルナーはワイナリー駐車場の奥に新しく作った区画に植えました。

収穫できるまで3年はかかりますが、それまでみんなどうか健やかに育ってください。

(写真はそれぞれシャルドネの苗木、シャルドネ区画、ケルナー区画)





2018年4月22日日曜日

新発売のお知らせ

<新発売のお知らせ>

ゴールデンウィークに合わせまして、4月28日土曜日より3種類のワインを発売致します!
今回は自社農園ブドウを使用した「シャルドネ」と「トラミーナ」、余市産の「キャンベル」です。

同日よりソフトクリームも営業を開始し、5月4日と5日はクラフトイベントも行いますのでゴールデンウィークは是非ワイナリーへお越し下さい!
皆様のご来店をお待ちしております。

-----
◆キャンベル・アーリー2017
◆価格(税込):2,050円
◆味わい:やや甘口の赤ワイン
◆イチゴや和三盆のような香りを持ち、なめらかな甘さと切れの良い酸味が調和するやや 甘口の赤ワインです。


■トラミーナ2016
■価格(税込):3,500円
■味わい:やや辛口の白ワイン
■ライチやハーブのような特徴的な香りを持ち、口に含むと果実の膨らみ、余韻に適度な 酸味とミネラルを感じるやや辛口の白ワインです。


◆RICCA雪の系譜シャルドネ2016
◆価格(税込):3,240円
◆味わい:辛口の白ワイン
◆レモンや白桃などのアロマを持ち、中程度のボリュームを感じながら酸
 味・軽苦味が調和、余韻にミネラルを感じる辛口の白ワインです。
-----


2018年4月11日水曜日

<2018年の畑作業を始めました!>

いよいよ、昨日(4/10)から今年の畑作業を始めました。
まずは、昨年ブドウを剪定した時に支柱から外したワイヤーを張りなおすところからです。
傾斜地にあるブドウ畑を短時間で何度も上り下りするこの作業はとても体力勝負。
これからまた1年、がんばってブドウを栽培していきます!
(写真はワイヤーを張りなおす前後)


2018年4月6日金曜日

クラフトイベントのお知らせ

<クラフトイベントのお知らせ>


ゴールデンウィークの5/4と5/5に「craftsRICCA」を開催致します。


ワイナリー1階で販売されている様々なアート作品を造る作家さんがワイナリー2階を使用して対面販売を行います!
今回は計4組の作家さんがワイナリーにいらっしゃいます。


イベントに合わせて新たなワインの販売も行う予定です。
連休をワイナリーで過ごしませんか?


2018年4月5日木曜日

ソフトクリーム「ヴィアグレスト」営業開始日のお知らせ

ソフトクリーム「ヴィアグレスト」の営業開始日が4/28からとなりましたのでお知らせいたします!

本年も自社栽培のワイン用ブドウをシロップとして掛けた「赤ぶどう」「白ぶどう」のソフト他、様々なトッピングを御用意しております。
只今、開店準備を行っていますので、今しばらくお待ちくださいませ。


本年も皆様のお越しをお待ちしております!




2018年3月12日月曜日

貯蔵

スパークリングワインの作業を行いつつ、貯蔵しているワインの管理も行っています。


白ワインは大小様々なステンレスのタンクで、赤ワインはオーク樽で貯蔵しています。

醸造所は1年で1番静かな時期ですが、貯蔵中もワインは刻々と変化していて、香りや酸味・渋味のバランスなど微妙に変わります。

特に赤ワインは品種やブランド別で樽の新旧や貯蔵する期間も異なり、皆さんの口に運ばれるときに一番ベストな状態を造り出します。


ようやく冬のピークを過ぎ、岩見沢は雪が少しずつとけ始めてきました。
ワインの瓶詰めを行いつつ、春を待ちたいと思います。